玉陵(たまうどぅん) 「沖縄の世界遺産」琉球王家の墓

「沖縄の世界遺産」一覧(全9ヶ所) >

 

f:id:ruuchel:20171228113429j:plain

  

f:id:ruuchel:20171228140730j:plain

上の方に首里城が見えます。↑

 

 

 

玉陵(たまうどぅん)玉御殿または霊御殿 

琉球王国、第二尚氏王統の歴代国王が葬られている陵墓

陵墓(りょうぼ):王、王妃の葬る場所を陵(みささぎ)、その他の王族を葬る場所を墓、合わせて陵墓。
玉(陵)たまうどぅん

 

第三代の尚真王(しょうしんおう)(位1477年 - 1526年) が父、尚円王(しょうえんおう)を葬るために造った墓が、陵墓となっていった。
玉陵は沖縄県最大の破風墓

 

尚円王

革命で第一尚氏王統を倒し、第二尚氏王統の初代国王となった者。

 

破風墓

家屋のように三角型の屋根をした墓。沖縄特有の墓。
発祥は玉陵、琉球王国時代は王室以外は利用することができなかったが、
1879年の王国の終わりとともに一般に解禁された。

 

 玉陵と名付く墓所はほかに「伊是名玉陵」「山川の玉陵」がある。

 伊是名は尚円王の出身地。

 

伊是名玉陵

 

  

 玉陵(たまうどぅん)の構成

玉陵は中室東室西室の3つの建築物に分かれる。
f:id:ruuchel:20171228162934j:plain

階段の上にそれぞれの入り口があり、屋根には獅子の石像がある。

 

中室

中室は遺体の安置場所で、亡骸はそこに数年間置かれ白骨化した後、骨を洗浄し骨壷(厨子甕(ずしがめ))に治めた。

f:id:ruuchel:20171228163541j:plain

 

東室

洗骨の終わった及び王妃の骨は向かって左の東室に納められた。

f:id:ruuchel:20171228163139j:plain

 

西室

その他の王族の骨は西室に納められた。

f:id:ruuchel:20171228163253j:plain

 

第二次世界大戦末期、日本軍総司令部に近かった玉陵は首里城と共に集中砲撃の巻き添えにあう。

そのとき大きな被害を受けた東室、西室は戦後に復元されたものになる。

 

 

玉陵の獅子、表情、格好がユニークだと評判

 

左、西の獅子  右、東の獅子

 

 

 

 

玉陵、入り口までの通路

f:id:ruuchel:20171228132503j:plain

 

一つ目の門前 ↓

f:id:ruuchel:20171228165748j:plain

 

一つ目の門 ↓

f:id:ruuchel:20171228165602j:plain

 

一つ目の庭 ↓

f:id:ruuchel:20171228165938j:plain

 

二つ目の門(中門、後門)↓

f:id:ruuchel:20171228170109j:plain

f:id:ruuchel:20171228170745j:plain

 

墓の前 ↓

f:id:ruuchel:20171228171147j:plain

 

アクセス、入館情報 

入館時間
9時~18時 年中無休

料金
大人    300円 240円(20人以上の団体)
中学生以下 150円 120円(団体)

駐車場
首里城内の駐車場を利用(有料)
その他近隣の有料駐車場

所要時間
墓だけなら10分程度。
資料室を入れると30分程度。

Google マップ

 

 

www.perfect-okinawa.com